Ⅰ.川辺町運営の留意事項


1.町費等について

    会費月額1,400円町会計へ
    (アパート入居者)1,000円経営者が町会計へ
    入町費公営住宅入居500円入居区会計へ
    個人住宅入居1,000円
    区費各区独自に設定区会計へ
    班費各班独自に設定班会計へ

2.川辺会館使用料金

    1)学習塾(週2回)10,000円(月額)町会計へ
    (週3回)15,000円(月額)町会計へ
    2)他地区よりの出店(物品販売)10,000円(1日)町会計へ
    3)個人使用の場合(1時間毎)1,000円町会計へ
     (5時間以上)5,000円町会計へ
    4)葬儀の場合(優先使用)20,000円町会計へ
    5)選挙の場合(後援会含む)5,000円町会計へ
    6)官公庁関係使用の場合無料
    7)公民館活動及び町内公用等の使用無料

3.会館使用の手続き

    公民館館長(川辺会館管理責任者)に申し込み後、使用すること。
    放送委員が事務を代行しているので、放送委員宅
    に〔日時、使用目的、人数、使用責任者名など〕を明確にして申し込みし、
    許可を得た後、鍵を受け取って使用してください。
    使用後は、煙草の灰の始末、ガス栓の閉止、換気扇の停止、電灯の消灯、
    戸締まりの確認を行い、玄関に施錠して、鍵を紙谷宅に返却願います。
    その際、川辺会館使用記録に必ず署名願います。

4.葬儀について

    ○町民死亡の際は、必ず町内会会長、公民館館長に連絡ください。
    連絡内容は、「故人の氏名、葬儀会場名、通夜、告別式の開始時間等」
    ○葬儀に花輪等贈られる場合は、放送委員に、葬儀会場と発注者氏名を明確に
    連絡ください。放送委員で一括手配します。
    代金は、当該区長に一括請求しますので、徴収し町会計に納入してください。   

     参考;葬儀出席者町内会会長または副会長
        公民館館長または主事
        連合婦人会会長または、副会長
        当該区の区長または副区長
        当該班の班長または代理者
        故人所属の団体の長(八千代会、真宗同朋の会等)

5.町内施設の修理依頼について
     街灯の故障、有線放送設備の故障等発生の場合、連絡を受けた区長は所定の
     申告用紙に、「故障場所、不具合状況等」を記入して、施設部長に
     連絡願います。
     (家の建直しの場合、有線放送のスピーカーは保管して下さい。)

6.有線放送の依頼について

     各種連絡等で有線放送を利用する場合は、放送する内容を文章に書き、
     希望する時間等を明確にして、放送委員へ申し込みください。
     非常事態以外は、早朝、深夜には放送しませんので了承願います。

7.世帯台帳の作成

     個人住宅(貸家、アパート含む)や公営住宅に入居者があった場合は、
     当該区長は、直ちに世帯台帳を作成し、事務局迄提出願います。
     特に公営住宅の場合は、入居棟の番号及び部屋番号を忘れずに記入願います。
     「世帯台帳の是正及び町費納入」について新入居者への説明を御願いします.

8.定例の役員会(運営委員会)について

     定例の役員会(運営委員会)は、毎月第一火曜日午後7時30分より川辺会館で開催します。
     各区長は、区内の問題点や区行事の予定及びその他の連絡事項を報告願います。
     専門部長は、前月の行事実施結果の報告及び当月または翌月の実施予定の
     行事の具体的内容の説明、各役員の役割分担等を要請してください。

9.コピー使用時、インク切れ、コピー紙不足、トラブル発生時は、直ちに放送委員へ連絡願います。